ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税専門サイト「ふるなび」

ふるさと納税をする際、仕組みがわからないと不安なものですよね。

そこで今回の記事では、ふるさと納税をする際の簡単な仕組みを図解にしてまとめてみました。

ふるさと納税をする際の参考にしてくださいね。

寄付可能額を知る

ふるさと納税をして控除を受けられる金額には、自分の年収に対して控除される限度額(控除上限額)があります。

寄付はいくらでもできるのですが、限度額を超えてしまうと、ただ寄付するだけになってしまいます。

控除を受けられる限度額内で、お得にふるさと納税するのがおすすめです。

ふるさと納税する前に、控除上限額シミュレーションで限度額を調べてみてくださいね。

寄付をする

生まれた故郷や応援したい自治体に直接ふるさと納税をすることもできますが、手続きを簡単にできるのはふるさと納税サイトの「ふるなび」です。

ふるなび」を利用すれば、ショッピングサイトで買い物をするように、生まれた故郷や応援したい自治体に簡単にふるさと納税をすることができます。

ワンストップ特例制度を利用する場合には申請書を送る

1年間にふるさと納税をする自治体が5か所以内で、他に確定申告をする必要のない人はワンストップ特例制度を利用を利用することができ、ワンストップ特例制度を利用すると確定申告をする必要がありません。

ワンストップ特例制度を利用する場合には、「ふるなび 」から寄附を申込む時に「寄附申込みフォーム」内の「ワンストップ特例制度を利用する」に忘れずにチェックを入れてください。

寄付金受領書と返礼品を受け取る

ふるさと納税をすると、寄付した自治体から寄付金受領書と返礼品が届きます。

寄付金受領書は税金からふるさと納税した金額から2,000円を差し引いた額を控除してもらうために必要な書類ですので、翌年に確定申告をするまで大切に保管しておいてください。

返礼品ごとに届く時期は自治体によって変わってきますので、返礼品のお問い合わせページで確認しておいてくださいね。

返礼品・自治体について

ワンストップ特例を利用しない場合には確定申告をします

ワンストップ特例を利用しない場合には、寄付金受領書を添えて確定申告します。

ワンストップ特例制度・確定申告について

税金が控除されます

翌年の税金から寄付した金額から2,000円差し引いた金額分が控除されます。

ふるさと本舗

ウェブページ

RSS

下記のふるさと納税サイトからふるさと納税することで、災害にあってしまった人々を応援することもできます。

ふるなび 災害支援寄付

さとふる 災害支援寄付

楽天 災害支援寄付